menu

SGLT2阻害薬エンパグリフロジン(ジャディアンス)とDPP-4阻害薬リナグリプチン(トラゼンタ)の配合剤「トラディアンス」の「「禁忌・禁止」及び「使用上の注意」について

エンパグリフロジンの作用機序 [1]

トラディアンス®配合錠は、ナトリウム-グルコース共役輸送体2(SGLT2)阻害薬エンパグリフロジンとジペプチジルペプチダーゼ4(DPP-4)阻害薬リナグリプチンの作用機序を有しています。

SGLT2は、ナトリウムイオンの濃度勾配によりナトリウムとグルコースの能動輸送を行う膜貫通型トランスポーターのひとつで、主に腎の近位尿細管に発現し、腎におけるグルコース再吸収の約90%を担っています。SGLT2を阻害することにより、近位尿細管からのグルコース再吸収が減少し、尿中へのグルコース排泄が促進され、血糖値を低下させます。SGLT2阻害による血糖値低下は、β細胞機能及びインスリン抵抗性に依存しません。

181225_トラディアンス作用機序
Reference
  1. Gerich JE.:Diabetic Med.:2010;27:136-142
  2. Rauch T. et al.:Diabetes Ther. 2012;3(1):10