menu

SGLT2阻害薬エンパグリフロジン(ジャディアンス)とDPP-4阻害薬リナグリプチン(トラゼンタ)の配合剤「トラディアンス」の「「禁忌・禁止」及び「使用上の注意」について

慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)

  1. 次に掲げる患者又は状態[低血糖を起こすおそれがある。]
    1. 脳下垂体機能不全又は副腎機能不全
    2. 栄養不良状態、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足又は衰弱状態
    3. 激しい筋肉運動
    4. 過度のアルコール摂取者
  2. 他の糖尿病用薬(特に、スルホニルウレア剤又はインスリン製剤)を投与中の患者[併用により低血糖を起こすおそれがある。(「重要な基本的注意(1)」、「相互作用」及び「重大な副作用」の項参照)]
  3. 脱水を起こしやすい患者(血糖コントロールが極めて不良の患者、高齢者、利尿剤併用患者等)[本剤の成分であるエンパグリフロジンの利尿作用により脱水を起こすおそれがある。(「重要な基本的注意(8)」、「相互作用」、「重大な副作用」及び「高齢者への投与」の項参照)]
  4. 尿路感染、性器感染のある患者[症状を悪化させるおそれがある。(「重要な基本的注意(7)」の項参照)]
  5. 高度肝機能障害患者[使用経験がなく安全性が確立していない。(「薬物動態」の項参照)]
  6. 中等度腎機能障害患者[「重要な基本的注意(6)及び(8)」、「薬物動態」の項参照]
  7. 腹部手術の既往又は腸閉塞の既往のある患者[腸閉塞を起こすおそれがある。(「重大な副作用」の項参照)]